読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペイン留学日記

スペイン内陸のある町に留学中。思ったこと、やってみたこと、いろいろ記録していきます。

文化を知らないことから起きる被害妄想

生活

スペインの街中を歩いていると、めっちゃ見られます。

 

バスに乗っていても見られます。

 

最初はすごく居心地が悪くて、アジア人を珍しがる視線なのか?それとも何かスペイン人にとって奇妙なことをしてしまっているんだろうか?などと思っていました。

 

 見られ方も様々です。

 

視線を感じてそちらを見ると、目が合って視線を逸らす人もいれば、目が合っても構わず見続けてくる人もいます。

 

 

日本人って基本的に西洋人コンプレックスがある気がします。アジア全体で見られる傾向でしょうか。

 

東洋人は馬鹿にされる、差別される…

 

悲しいけれど、もしかしたらどこかの国ではそれが実際に起こっているところもあるのかもしれません。

 

スペインでも、何人かのスペイン人が中国人が嫌いだと言うのを耳にしました。同じアジア人として少しつらいですが…

 

私はアジア人の私に向けられている視線が、そういうアジア人を差別する感情から向けられたものだと、無意識に思い込んでしまっていました。

 

しかし、ある日、授業で先生がこんな話をしました。

 

 

スペイン人は、信号が赤になった時やバスに座っている時など手持ち無沙汰になるととにかくそこらへんの誰かを見る。

 

見て、「この服ださい」「あの靴かわいい」などなど考えるのだ。

 

もしじっと見てきて居心地が悪いようなら、ニコッと笑って挨拶すれば解決だ。

 

 

その話を聞いて、クラスのアメリカ人たちも確かにめっちゃ見てくる!と言っていました。

 

自分が見られているのは、どう見てもスペイン人ではない、珍しいアジア人だからだと思っていました。

 

しかしそうではなく、彼らは単に「人間観察して暇を潰している」だけだったのです。

 

私は自分の自意識過剰さに恥ずかしくなりました。別に私がアジア人だということを、誰も私が考えるほど気にしていないのです。

 

また、こんなこともありました。

 

日本からスペインに来る際、乗継する空港でマドリード行の飛行機の列に並んでいた時のこと。

 

私の後ろに並んできたおばさんが、私にスペイン語で「この列はマドリード行の飛行機の列よね?」と尋ねてきました。

 

私はアジア人でスペイン語が通じる可能性は少ないし、ましてやそこはスペインでもなく、別のヨーロッパの国です。

 

もちろんスペイン国内でも、道端でスペイン人にスペイン語で道を聞かれたりということもあります。

 

日本だったらどうでしょう。

 

きっと誰も外国人に日本語で話しかけないし、ましてや道なんてわざわざ外国人に聞かないでしょう。

 

日本人は閉じた国民性だなあと感じます。

 

外国人と日本人をハッキリ分けてしまっている、見方を変えればとってもレイシストだと言えないでしょうか。

 

自分の考え方が常識だと考えてしまうのが人間ですが、日本人は外国人と自国の人々を区別しており、外国人も自分たちを区別するものだと考えてしまっている気がします。

 

もちろん見た目が違う分、多少区別してしまう、違うと感じてしまうのは仕方のないことだと私は思います。

 

でも、それで終わるのは悲しいし、グローバル化というものが進んでいる今、もっと開けた心・態度が必要なのではないかなあと感じています。

 

うまくまとまっていませんが、とにかく、もし道端でスペイン人にじっと見られるようなことがあっても、彼らが暇つぶしをしているだけということを抜きにしても、日本人として堂々としていればよいのです!